少年サッカー 指導方法

やる気を引き出す指導方法を見つける

子供にサッカーを教えるにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

そもそも指導するとは、どういうことでしょうか?
直訳すれば導く人となりますが、あなたはどう思いますか?

 

 

指導するというのは、直訳すると英語でティーチングという意味です。
これは、相手に技術を教えたりするときに使われます。

 

サッカーの場面では、全く知識や技術のないところから始める子供たちには、
しっかりと指導することも大切です。

 

 

 

大人での常識は子供にとっては初めての連続です。

 

 

そこに気づいていますか?
ですから、初めてボールを蹴るときは、しっかりと教えてあげてください。

 

また、初めての練習であるとか、スタンダードなテクニックはしっかりと教えることが重要です。

 

 

ボールをどう蹴ったらよいのか。
足のどこを使うとどうなるのか。
そういうボールと体の使い方によって起こる物理的要因はしっかりと教えるべきです。
指導するべきです。

 

また、そういう根本的な癖があった場合には、
早いうちに介入することも必要ということを覚えておくといいですね。

 

 

 

さらに、そこからいかに本来のもっている特性を引き出すかという話になってきますと、
コーチング(その人の能力を引き出すコミュニケーション)という概念になってきます。

 

どういうことかというと、ある程度スキルを身に付けたとしても、人間の本来もつ身長や体重、筋肉、遺伝的要素などは千差万別でなので、すべてに共通する事項を教えるということは、不可能になるからです。

 

ですから、そこで、コーチングというスキルを使って、本人の持つ特性に気づきを与えて上達させます

 

 

 

子供の場合、そこで重要なのが、その特性が大きく変化するということです
成長過程にある彼らにとっては、サッカーのスタイルが変わることも多いにありうる話です。
もちろん、大人になってからもサッカーのスタイルは変わっていきます。

 

それらを知っていれば、コーチのスタイルがどうあるべきかというのは、もちろんわかるはずですね。

 

 

少年サッカーの指導者というのは子供にとって大切な立場におかれています。
チームが勝つことも大事ですが、その前にまず子どもたちのやる気を引き出すということを意識して指導の方法を考えることが重要です。

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください