少年サッカー 足が遅い

サッカー脳を鍛えれば足が遅くても不利にならない

 

足が遅いから、サッカーが不適格だと思われる人も多いかと思います。

 

 

残念ながら、スピードがあるというのは非常に大きな武器でありますが、足が遅いからといって、あきらめる必要はありません。

 

 

 

足が遅い人は、認知と判断、行動の精度を高めればよいのです。

 

認知と判断と行動の精度を高めるには、「脳」を鍛える必要がります。
さらに、経験を積めば、そこに予測という能力も鍛えることができます。

 

 

 

ここでは、サッカー脳を鍛える上達法をお教えします。

 

それは、頭で何か計算しながらサッカーをするとか、しりとりをしながらするとか、相手が今何をしているか?を言葉で考えながらサッカーをするなどです。

 

最近、はやっているライフキネティックという理論を持ち込むことです。
慣れてきたら、空いているスペースを探すこと、そしてその次に起こるプレーを予測してみることに挑戦してみるとよいですよ。

 

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください