少年サッカー ボールコントロール

ボールコントロールはスムーズに攻撃を仕掛けるためのポイント

ボールコントロールについてお話します。
ボールコントロールがなぜ大切なのか。

 

まずは、この部分をお話します。
それは、次のプレーにつながる位置にボールを置き、スムーズな攻撃を仕掛けるためです

 

 

味方のパスからボールを受ける最初のトラップがどこに置かれるかで、その後のプレーに大きな影響がでます。
ですので、ボールを受ける際には、相手選手がいないスペースを見つけ、かつ自分がスムーズに攻撃につなげられる位置にボールを落とすことが必要です。

 

この時、重要なのが、「見る」ということ。実は、この見るという行為が、味方のパスを自分に出してくれる人との息が合っていないと、非常に難しくなります。

 

なぜかというと、自分が周囲を見ている間に、味方が自分にパスを出そうとした場合、「まだ準備できてないのかな?」と思ってしまうのです。そこで、味方がパスを出さないことが多いのです。

 

ところが、そのタイミングであれば、パスは出してもらった方が、いいと思います。
周囲を見ている時間は、なるべくボールを受けるギリギリの方がいいのです。パスの出し手と受け手の関係から、自分の利き足、スペースなどを意識しながら、ボールをコントロールすること。

 

 

とても重要なスキルですので、しっかりと身につけたいですね

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください