少年サッカー 中学生 ドリブル

よりステップアップしたサッカーの感覚を掴もう

 

体ができあがってくる中学生ですが、実はまだまだ体は出来上がっていません。
その分、柔軟ではありますが、やはり線の細さは目立ってしまいます。

 

中学生がドリブルの練習をするときに、
まずボールの大きさと体にギャップを感じているケースがあります。

 

また、さらに背が伸びていく時期でもありますから、
感覚そのものもずいぶんとギャップが生まれていることと思います。

 

 

 

私は、この中学生の時期にドリブルとシュートレンジの広さを意識させる必要があると思っています。

 

これは、いよいよ体が出来上がると同時に、キック力も上がってくるため、
どこからが自分のシュートエリアなのか、センタリングエリアなのかをしっておくことは、
ドリブル練習の中でも重要だと感じているからです。

 

ですので、ドリブルの練習と同時に、シュート練習やセンタリング練習を組み合わせて
体に染みつかせてほしいと思います。

 

 

 

特に、サイドから切り崩してセンタリングやシュートというプレーは、ストライカーの醍醐味でもあります。
ぜひ、その感覚を覚えてほしいですね。

 

 

また、ディフェンス陣は、いよいよここからロングフィードという課題に取り組むとよいでしょう。
ロングパスの精度とドリブル練習を組み合わせることで、大きくサッカー観を変えてくれると思います。

 

 

 

この時期、逆に気になるのは、多感な思春期による心の問題です。
以前、サッカー部というと不良の集まりのような時代もありました。

 

今はそのようなことはないと思いますが、
それでもサッカーというスポーツは集団スポーツである以上、周囲といろいろな協調が求められます。

 

 

 

そんな中、しっかりとした指導者がいないまま、自ら部活運営しているような学校も多いと思います。
この時期の指導者はとても重要です。

 

もし、学校に配置されていないのであれば、今後、高齢者のボランティアでもうまく活用しながら、
「見ててあげる人」を配置することが望ましいでしょう。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください