少年サッカー ドリブル 練習メニュー

二人一組で行う効果的なドリブル練習メニュー

今回はドリブルの練習メニューについてお伝えしていきます。

 

 

まず、二人一組になります。

 

 

そのあと、二人で向かい合いながら、ジョグをします。
ですので、片方は、後ろ向きで走ることになります。
スピードを合わせながら、自分の間合いの感覚をここで良くつかんでください。

 

 

そのまま、合図とともに、進行方向に向かっている方が、
相手を抜き去ります。抜き去るということは、スピードの変化が必要です。

 

 

先ほどのジョグのギアは1であれば、抜き去るときは、3か4くらいのレベルに引き上げます。
まずは、この練習を通じて緩急を覚える必要があります。

 

基本はこの繰り返しです。

 

 

 

そのあとは、逆方向に抜きます。
それを繰り返したら、一回逆を取る動きをして抜きます。
逆をとるとは、相手を欺くためにフェイントを入れるということです。

 

 

マシューズのフェイントのイメージがいいと思います。
一度、逆に大きく踏み込んで、逆方向に抜く。
動画をご紹介しますので参考にご覧になってください。

 

 

これをやってみてください。

 

 

 

 

終わったら、さらに、逆方向に逆をとってから抜きます。

 

この繰り返しです。
繰り返しの練習は、しっかりと定着するところまでやる必要がありますので、
めげずに繰り返すようにしましょう。

 

 

 

 

目的は緩急をつけること、間合いを知ることです。
間合いは、人それぞれ違いますし、緩急の度合いも違います。

 

それを知っておく必要がありますね。
それを、ボールがある状態、ない状態でやってみてください。

 

一度やるだけではだめです。しっかりと繰り返すことも重要ですよ。

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください