少年サッカー ドリブル センス

イニエスタはドリブルセンスの塊

サッカーにおいてドリブルのセンスがあるというのは、どういうことをいうのでしょう。
今回の記事では、そのセンスの上達法をお教えします。

 

 

ドリブルでセンスがあるプレーヤーと言えば、イニエスタでしょう。

 

彼は、ボールと足が全く離れないですね。
そして、クリックな身の動きから繰り出されるドリブルはやはり圧巻です。
ドリブルで彼のようなセンスを発揮するには、どうしたらよいのでしょうか。

 

 

それは、ドリブルとわかっていても、止められない間合いの取り方にあります。
飛び込むに飛び込めないんですね。
そうして出来上がる空間には、特有のセンスを感じます。

 

 

他にも、ルイコスタやフィーゴなどもセンスという意味ではすごかったと思います。
ただ、クリスチアーノロナウドのようなドリブルもある意味すごいのですが、
ドリブルのセンスというのは、どういうものかというと、ボールタッチの柔らかさと間合いだと思います。

 

 

この間合いと柔らかさという意味では、イニエスタの方がすごいなと思います。
イニエスタのようなセンスあるドリブルができるようになるには、リズムも大事ですね。
ボールタッチにある一定のリズムがあって、そのリズムの変化で相手を抜き去っていくような。

 

そういう感覚のことをセンスというのだと思います。

 

頭の中で、リズムを流しながらドリブルする感覚が出来上がれば、
センスあるプレーヤーになれるかも知れません。
動画を何度も見て研究しましょう。

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください