少年サッカー ドリブル 上手くなる方法

ドリブルが上手くなるための3ステップ上達法

ドリブルがうまくなる方法をお教えします。

 

 

まず、ボールを手で持って、「抜く」感覚をつかむことです
自分の速さを知っておきながら、速度の変化が自分の意志によって行うことができるようにすることが大切です。
ですので、ストップアンドゴーを繰り返すと良いです。

 

 

 

次に、ボールが足から離れないことです。

 

 

常に、足元にボールがあり、相手から遠い位置にボールを置けると良いでしょう。
まずは、しっかりとボールをドリブルしながら、相手選手が飛び込めない間合いをつかむとよいですね。
その後、相手を抜きたいのか、ボールを運びたいのか、時間を作りたいのかでドリブルの種類が変わってきます。

 

 

ドリブルがうまくなる方法のポイントは、ここからです。

 

 

 

ボールの扱いに慣れて、さらにドリブルがうまくなりたかったら、スペースを見ることです。
調子のよい選手は、ゴールまでの道が見えるということがあります。

 

そうです。

 

道が見えるようになるかが、ドリブルがうまくなる方法なんです。

 

コンマ何秒の間に、スペースを見つけ、道を見つける。
そこにドリブルをしていく感覚があれば、ドリブルはあっという間に上手くなっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください