少年サッカー ドリブルの教え方

運動神経だけでのドリブルでは通用しなくなる

ドリブルの教え方って難しいですよね。

 

 

多くの選手が感覚でドリブルをしています。
いわゆる反射神経、運動神経の良しあしで、ドリブルのうまさが決まってしまうイメージです。

 

 

実際、そう思いませんでしょうか。
とっさな判断、反射的に切り返したりしていませんか?

 

そういった反射神経に長けた選手=名プレーヤ―でしたからね。
日本のサッカーってそういうものでした。

 

 

ところが、日本でも、そういった選手が、海外に出ていくと、不思議と全く通用しません。
なぜかわかりますか?

 

体の大きさや文化の違いに、反射神経だけでは対処できないからなんです。

 

 

ですから、ドリブルを教えるというときには、
そのプレーヤ―が、認知と判断のフェイズを踏んでいるかをしっかり見分ける必要があります。

 

認知と判断をしてからどこにどうドリブルをすべきかを教えることこそ、
私の考えるドリブル練習です。

 

 

 

 

ところが、日本では、ドリブル練習になるとドリブルのことしか教えません。
いかに反射的にドリブルができるかを教えます。
 
その結果、反射的に出されるプレーには、ムラがあり、継続できない事態となります。
できるときもあれば、できないときもあるのです。

 

 

けれども、サッカーは組織プレーです。組織の中で最適な選択を取ることが重要です。
そうなると、今のサッカー教育では、ドリブルのうまい下手は、
ボールに反射的に触れる選手、抜ける選手となってしまうのですが、
実はそれは間違っていることに気づきます。

 

ドリブルを教えるときには、ボールを運びながら、最適な選択肢を探ることを忘れてはいけませんね。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください