少年サッカー 家でできるドリブル練習

自宅でライフキネティックトレーニングをしよう

家でできるドリブル練習法をお教えします。

 

 

まず、ひとつ小さめのボールを用意します。
小さめのボールを使う理由は、よりボールの中心を捉える感覚を得るためです。

 

また、小さめのボールを間接視野に入れる訓練をしている方が、
大きなボールになったときに優しく感じるからです。

 

 

 

後は、家の中で、ただボールに触る。

 

そして、ボールの上に足を乗っけたり、方向転換したり、しているだけで結構です。
さらに、周囲の情報収集をしながら、ドリブルをするといった工夫が重要です。

 

テレビを見ながらでもいいですが、何かを漠然とみるのではなく、
しっかりと考える題材がいいと思います。

 

しっかりと頭を使って考えながら行うライフキネティックです。

※ライフキネティックとは、ボールを扱う技術、認知能力、視覚的な能力、インテリジェンスなどを鍛えることができるドイツの監督も指導メソッドとして取り入れているトレーニングです。

 

 

 

家の中で起こる様々な出来事に眼を向けながら、
ドリブルの練習をすると、認知力と感覚が身に付きます。

 

あまりスペースがないという方は、
足元でボールをタッチしているだけでも大丈夫だと思います。

 

 

大切なのは、できるだけ裸足でやるということ。
感覚を身につけることが重要なので、地肌に勝るものはありません。

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください