少年サッカー 一対一

1対1のポイントは「間合い」を考えること

1対1は、サッカーの醍醐味でもあります。

 

今回は、1対1の上達法についてお教えしましょう。

 

 

 

 

まず、1対1の場面構成を把握しているかという問題があります。

 

そこは、1対1にふさわしい場面か、もしくは、1対1ではなくて1対2なのではないのか?という発想です。

 

 

1対1であれば、数的同位になりますから、抜けば、数的有利が生まれます。チャンスです。

 

チャンスになるのであれば、仕掛ける!

 

もちろん、それこそがサッカーの醍醐味ですよね。

 

 

 

 

1対1の上達のポイントは、ズバリ「間合い」です。

 

相手の逆を取るということです。

 

アクセルを上手く空ぶかししながら、一気に加速して抜き去るということです。

 

 

 

その抜き去る先をまず見て、そこにスペースを作るようにボールをずらしておきます。

 

そして、自分が抜きたいスペースができたら。

 

相手の逆をとったタイミングで一気に抜く。

 

 

 

 

これが重要です。

 

アクセルを上手くふかしながら、一気にギアを入れて加速。

 

もちろん、フェイクは大きく、ボールを見ずに、相手とその先を見ることも重要ですよ!

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください