少年サッカー 上達法

意識して注意しておきたいコーチの独りよがりな指導

少年サッカーの現場において、もっとも多く見られる光景…

 

それは、コーチの独りよがりです。

 

 

少年サッカーのコーチを目指す人の多くは、サッカーが好きということは共通しているかも知れませんが、地域のボランティア等への関心が高い方々が非常に多いです。

 

ところが、その現実を現実の社会構造の中に落とし込むと、得てして本業であるサラリーマン生活等で不遇を感じていらっしゃる方々も非常に多いというのが現実です。

 

 

なぜこのような構図を生んでしまっているのか。
これが、今後の少年サッカーの発展を考えるにあたっては、とても重要になります。
人間は、現実の社会において、役割バイアスというもので支配関係があります。

 

 

そこで、主従関係が生まれていますが、土日の活用時間をプライベートに充てるという行為は、
会社とプライベートを切り離す行為であり、無意識に派閥組織との距離が離れているのでしょう。

 

 

出世をするには土日も含めて身を粉にして会社に尽くすことを良しとして、
評価されている社会構造(とくに大企業)においては、
このようにボランティア等への関心が高い方々へは、とても生きにくい構造になっていると思います。

 

 

 

実は、コーチ達が受けている本業での圧迫、つまりは、社会構造的に受けている従のストレスが、少年サッカーの指導現場では、自分を主の扱いとして、優位にしてくれる場所として機能してしまっていることが非常に多いのです。

 

これは、人間であれば、当然の思考ではあります。たとえば、特定のお店に通い、常連となるのは、お店に対して絶対的な優位を感じるからで、仕事でのストレス等を発散するために、精神的優位を与えてくれている場所を求める典型的事例と言えます。l

 

 

 

少年サッカーなど子供の指導という場所では、
無条件に大人の言うことを聞く子供を相手に、権力を行使することに快感を覚えることがあります

 

実は、これが、少年サッカーを上達させるための弊害となっているのです。

 

 

いろんな理論や、練習法が時代になりましたが…
もしかしたら、それをその精神的な優位を感じるための道具として使っていませんか?
もし、そうだとしたら、まずそこから改める必要がるでしょう。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください