少年サッカー 勝たせたい

戦い方の工夫で子供たちに勝たせる

 

少年サッカーで勝たせたいと思うのであれば、やはり監督の力が必要です。

 

ただ、もし勝たせようとするのであれば?ですが…。

 

 

 

少年サッカーでは、戦術的要素が薄いですから、

 

負けているチームは一生懸命頑張ることで勝利をつかもうとします。

 

けれども、それではだめなのがサッカーです。

 

 

 

ですから、監督がそこに介入することで、ある程度の戦いはできるでしょう。

 

監督がそこに介入するというのは、選手交代とポジション変更です。

 

 

 

選手交代の光景は良くあるかも知れませんが、ポジション変更はかなり難しいですね。

 

けれども、ポジション変更の方が、子供たちにとっては理解しやすいのです。

 

当然、大人のサッカーでは難しいテクニックなのですが、

 

子供はその方が理解しやすく、体力も残っていたり、技術が高い選手を残せたりするメリットもあります。

 

 

 

子供って柔軟なんですよね。

 

ですから、技術のある選手にあらかじめ複数のポジションを用意してスタメンを組み、
 
あらゆる展開に応じてポジションを変える柔軟性があれば、
 
ある程度の戦いができるようになります。

 

 

 

勝たせたいのであれば、そういう工夫も少年サッカーではありだと思いますよ。

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください