少年サッカー 勝てない

勝てないと思ったらセンターバックでこれを試してみてください

少年サッカーでは、なかなか勝てないことの原因をディフェンスラインからのビルドアップに求めることも多いのではないでしょうか。

 

ビルドアップとは、ディフェンス陣からしっかりとボールをキープしながら、押し上げを行っていくものです。

 

 

つまり、攻撃においてビルドアップは、その土台作りのようなものです。
ところがこの土台作りがなかなかできないものなんですね。

 

 

 

では、勝てない原因となっているビルドアップという土台作りができるようになる上達法をお教えしましょう。

 

 

それは、いわゆるリベロという概念をセンターバックに持ち込むことです。

 

 

小学生がやっている少年サッカー見ていると、センターバック陣もポジションを守ることを優先しており、なかなか自由に上がるということが許されていないように感じます。

 

 

ですので、バックラインでボールを回していても、キック力がなく、いざとなったら相手のディフェンスラインを超えるほどのボールが蹴れないため、じわじわと前からのプレスに押し込まれています。

 

そこで、バックラインで ボールを回している時に、センターバックがいかに上がることができるかというのがとても重要です。

 

 

 

ところが、これをチーム内で認識するのはとても難しいことです。
リベロというポジションは、少年サッカーでは認知されていないのです。

 

バックラインから、ハーフの選手のような感覚で前に上がるようにして、
オフサイドラインを上げていかないとなかなかビルドアップはできないものです。

 

もちろん、カウンターは怖いのですが、それもサッカーです。

 

 

 

相手選手をオフサイドポジションに残してしまうように、積極的に前へ出て行きましょう。

 

そうすれば、ビルドアップができるようになりますよ。

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください