子供にサッカーを教えたい

サッカーを教えるのは誰のため?

子供にサッカーを教えたいというニーズを持つ大人の方、増えてきましたね。

 

土日に、サッカーを通じて子供とコミュニケーションもとれるし、

 

自分の子供が所属しているチームであれば、関わりたいと思うことも当然のことです。

 

そういうエネルギーで運営されている少年サッカーチームも多いのではないかと思います。

 

 

 

 

でも…。それでは、子供の成長を見守る親の姿としてふさわしいのでしょうか。

 

 

私は、ふとそんなことを思います。

 

父兄の方々の力や思惑が、サッカーチーム運営の領域に入ってくると、大義が崩れてしまうのです。

 

地域振興よりも自分の子供、子供のチームが大切というふうに思想が変わってしまうのです。

 

 

 

そこから、子供たちはサッカーをする環境を得ることができるのかも知れませんが、

 

競争させない、させてもらえないような環境まで得ることになり、

 

成長に必要な厳しさまでなくしてしまいます。

 

 

 

そういう少年サッカーチームは、すでに、親のためのチームになっていますね。

 

サッカーは子供が成長する場。

 

 

その前提を理解したうえで、入るチームを検討された方がいいですね。

 

自分の子供を教えたいのか、それとも子供そのものを教えたいのか。

 

どちらでしょうね。よく考えてみてください。

 

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください