少年サッカー 細かい動き

丹田を意識するだけでドリブルは驚くほど安定する

細かい動きというのは、上半身だけでもできます。

 

サッカー選手は、上半身を使うのがとても下手なように思いますが、細かい動きをするだけで、相手をずらすことも可能です。

 

細かい動きで相手をずらす上達法をお教えします。

 

 

 

それは、「丹田」を意識することです。

 

演技の世界でもよく言われていますが、体の中心をおへそから指3本程下にある「丹田」というツボに意識することが大切です。

 

そこに意識が向いていれば、動きひとつひとつにつながりができ、相手選手にはつかまりにくくなります

 

そのツボを中心に、左右に体を揺さぶり、戻す。

 

ただ、この細かい動きだけで、大丈夫です。

 

 

 

さらに、キックフェイントであれば、丹田からつながっているイメージで蹴るふりをすればOKです。

 

細かい動きひとつで、サッカーの質は大きく変わります。

 

数メールの動きであっても、ちょっと軽いフェイクを入れるだけで、ボールを受ける回数も変わると思いますよ。

 

 

 

受ける前のフェイクの動きでも、とにかく丹田。

 

このツボを意識するだけでです。

 

ぜひ、やってみてください。

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください