少年サッカー 教え方

子供にサッカーを教える方法として分かりやすい方法

子供たちへの教え方に迷ったことはありますか?

 

 

子供のメッセージがわからないといったこともあろうかと思います。
ですから、教え方を教えるという人が出てくるんでしょうね。
教育とは、まさにそういうものだと思います。

 

 

日本では、教員免許などもそうなのですが、
教える権利を免許として置き換えることで、質が下がることがあります。

 

逆に言ってしまえば、免許がなくても教えることに長けている人はたくさんいるんですね。
そうなると、人を教えるということは、人を育てることのできる人だと私は定義したいと思います。

 

 

けれども、それは、勉強してなれるものではありません。
また、そういうものではないと思います。
教え方というのは、単純に一言ではあらわせないものですからね。

 

仮に、外国でよく言われるティーチングというものを教え方として
捉えるのであれば、サッカーのやり方を教えるということになります。

 

 

 

やり方を教えるときに、モデリング法というものです。
モデリングすることは、子供達に納得のいくモデルを見せることになります。

 

 

 

できますかね。今のコーチたち。
もう動けない。体が重い。飲みすぎた。などと言い訳していませんか?
そうなるとやっぱり、教えるというのは難しいのだと思います。

 

 

どうやって教えたらいいんですか?

 

よく言われることですが、心理学的には
古典的条件付けという繰り返しやらせて習慣付けすることか、
オペラント条件付けという何かご褒美をあげてつるしかありません。

 

そうやって教えることが、本人の成長にどこまで寄与できるのか。
私は、まだ未知の世界を感じますが、あなたはいかがですか?

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください