少年サッカー 練習方法

少年向けのサッカー練習方法で意識するべきこととは?

練習方法で一番気をつけたいのは、それが一度限りの体験で終わらせないようにすることです。
体験で終わらせないというのは、しっかりと定着が図られるところまで
サポートするということですが、そのためにはどうすればよいでしょうか。

 

 

答えは簡単で、リハーサルを繰り返して、成功体験を長期記憶に入れるところまでを練習の目的とすることです。

 

よくある「うまくいったら終わり!」という練習方法ではなく、うまくいった経験をたくさんさせることを目的とする練習方法です。これは、時間をかけることにもなりますし、練習の難易度を上手に設定しないとやる気をそいでしまいますので、指導者側が注意が必要です。

 

それと、これは反復練習とは違いますので、そこも注意が必要です。
できれば、複数人でのトレーニングで、全員の意識の共有ができたときをゴールとするといいでしょう。

 

 

どういうことかというと、シュート練習で、シュートが決まったから成功ということではないということです。
全員の意図が共有され、シュートは外れたとしても、練習の意図をクリアされたところを成功とします。

 

コーチや指導者は、そこに気づいてそのプレーを成功と判断できるかどうかの資質が必要です。
ぜひやってみてください。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください