少年サッカー 練習時間

サッカーの練習時間はどのくらいが標準?

サッカーの練習時間を考えるにあたって、重要なのは、ピリオダイゼーション理論でしょう。また、ライフキネティックも有用です。

 

1週間に2〜3時間、一日に20分から30分程度が確かに練習時間としては妥当なのかも知れません。

 

 

これは、脳科学的な見地に基づくものですし、ピリオダイゼーションには、疲労の概念も含まれますから、解釈はとても難しくなります。

 

サッカー選手のように、すべての健康が管理された状態で、調整されていれば別なんですが、子供の場合は、勉強もしなければなりませんし、すべてをサッカーで染めるわけにはいかないと思います。

 

ですので、練習時間について、何時間が妥当かという議論を標準化して話すのはとても難しいことなんです。

 

 

 

だって、その子供それぞれに、日常生活から得る疲労は違いますからね。

 

そうなると、練習時間について少し整理する必要があります。

 

ただ、集中力の点からいくと、サッカーでは、90分間の集中が必要です。同時に延長も考慮すれば、+30分で120分の体力が必要ですね。

 

PKも考えるとさらにもう少し必要です。

 

ではそれだけの集中力を養うには、普段どれだけの練習をしておけばいいのかということ。端的にお話すると、試合と同じ緊張が維持できるのではれば、それ以上の経験をつめばいいことになります。

 

 

 

けれども、試合と同じ緊張って難しいですよね。

 

でも、試合の経験を積めばどうでしょうか。

 

試合に必要な集中力が体験的に学習できます。

 

ですから、練習時間の概念でサッカーを解釈しようとすれば、
1週間に2時間〜3時間に試合が組まれれば、確かに理にかなっているのです。

 

試合の繰り返しだけでもうまくなれる理由は、ここにありますね。仮に毎日2〜3時間の試合を組んでも、疲労の概念を加えるとパフォーマンスが落ちてしまうので、自分のプレーの基準を図るのは難しいでしょう。

 

1週間に2〜3時間。練習時間を捉える場合には、この時間がキーになりそうですね。

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください