少年サッカー 低学年 指導

低学年の子供たちにサッカー通じて教えるべきこととは?

低学年の指導って難しいですよね。
小学校1年生から3年生を低学年というのでしょうが、子供たちはめまぐるしい変化をしています。
毎日、いろんな刺激にあふれていて、子供たちにとっては、新しい出来事の連続だと思います。

 

そういう状況下で、どうやって子供たちを指導していったらよいか。
低学年指導に関わっている方は、よく考えることだと思います。

 

この時期の子供は、ゴールデンエイジと呼ばれており、大人になってもこの時期に覚えたことは、忘れない特性を持っています。
そう考えると貴重ですよね。この時期に誰と接しているか。誰から教わっているか。

 

 

そうなんです。
その重要さをわかって指導している人ってどれくらいいるのでしょうか。
中には、高学年指導の方が、サッカーを教えている人にとってはステータスが高いと感じる人もいるかも知れませんが、私はそういうものではないと思っています。

 

 

大人にとっての都合で見てはいけません。

 

子供にとって、重要な時期を預かることの責任を見たときには、そのような捉え方はできないはずなんです。

 

けれども、その低学年指導の実態を見ていると、ただ遊ばせているだけといった風潮が目につきます。
順位付けをすることはダメ。みんなが平等に機会を与えられ、楽しくサッカーをすることに重きを置かれています。

 

 

では、この時期に忘れないゴールデンエイジの世代に、そういった経験をしてしまうとどうなりますか?
どんな人間が育つと思いますか?

 

フェアに勝つことの正しさ、フェアに戦って負けたときに潔さを教えるのはその時期なはずです。
ですから、大人は子供のその時期に、正しい人間性を伝えてあげたいと思います。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください