少年サッカー 天才

天才少年と普通の子の違いは?

天才少年といえば、元、川崎フロンターレに所属し、バルセロナに移籍した久保くんが有名ですね。
子供のころからその才能を買われることは非常にまれなことだと思います。

 

けれども、たとえば卓球の愛ちゃんなどは、子供のころから天才卓球少女として名を馳せましたが、いざ大人の世界になるとどこが天才だったのか考えさせられることがあります。

 

要するに、成長が早いことを天才と呼ぶのかという話です。

 

 

子供の頃から天才少年という特殊な能力を持つ人はいるそうです。
けれども、その人達は、子供のころはテレビに出てきますが、大人になってからは出てきません。

 

ここにもひとつ疑問がありますね。
彼らは、天才ではなかったのでしょうか。それとも、やはりただ子供のころから成長が早くいろいろできると天才と呼ばれるのでしょうか。

 

難しい問題ですが、大人になると。、本当の天才とは、そこから努力を続ける人、秀才タイプの人のことをいいます。

 

そう考えると、かつて天才と呼ばれた人達は、大人になってから努力はあまりしていないのではないか?ということになります。

 

語弊がありますが、私はそうではないと思います。きっと、伸びしろが残っているかいないかの問題が、本人の努力に起因しているのではないでしょうか。

 

 

 

そうなると人間の成長曲線の高い選手が天才ということになってきます。

 

さて、それは子供のころにわかるものでしょうかね。私は、そういう目では見ない方がよいと思います。

 

一方、素養があるかないかは、わかると思います。遺伝的要素は強いと思いますが、素材として高いか低いか。

 

これは、人間という生き物ではとても重要です。

 

さて、天才少年の存在。信じたいですか。信じたくないですか。

 

私は、どっちともいえないと思いますが。

 

 

子供にサッカーを教えたいあなたへ


  • 「子供にサッカーを教えたいけど、何から教えていいかわからない」
  • 「父親として子供にサッカーを教えたいけど、経験がなくて教えるのが難しい」
  • 「小学校低学年で練習をさせても集中力が切れてすぐに飽きてしまう…」

そんな悩みをお持ちのあなたはこちらをクリックしてください